TOP > 診療科目




一般歯科

大人の虫歯や歯周病の治療を「一般歯科」といいます。
虫歯は進行段階によって分類され、治療法が異なります。 虫歯の発見が早ければ早いほど、治療は簡単に楽に済ませられます。

初期段階では、歯の表面が白く濁ったようになり、自覚症状はありません。
この段階で発見された虫歯は、予防処置と適切なブラッシングで、歯の表面を再石灰化させ、治すことができます。

次の段階では、歯の表面が溶け、黒ずんできます。冷たいものなどが歯にしみるなどの自覚症状が出ることがあります。 
この段階ならば、黒ずんだ部分を削り、白い樹脂や金属を詰めて治療します。

さらに進むと、虫歯は歯の中の神経にまで到達します。  すると激しい痛みや炎症による腫れなど、自覚症状が強くなります。
この段階では、歯の神経を抜き、その上に被せ物をすることで治療します。

そのまま放置を続けると、虫歯は歯の根元まで進行します。  進行しているにもかかわらず、歯の神経が死んでいるので、痛みは感じません。 
歯根が化膿し膿が溜まるようになると最終段階となり、抜歯が必要です。
抜歯で歯を失ったら、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの方法で補うことになります。

虫歯だけでなく、歯周病も歯を失う大きな原因となります。 
お口の中の細菌による歯茎の腫れが進行すると、あごの骨が溶け、歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の進行具合は人それぞれ。きめ細かい診断と、最適な治療により、進行を食い止め改善を促します。



小児歯科

子供たちの歯は、身体や心と同じく、発達途中の段階にあります。 
乳歯の段階から良い状態を保ち、永久歯にバトンタッチしても良い状態を保つのが理想的です。

子供の虫歯は、大人に比べてとても進行が速いのです。
小さい歯のエナメル質は薄く、それが虫歯で溶けてしまうと、中の象牙質で虫歯が急激に広がり、大きくなっていきます。外から見るとごくわずかな穴でも、中の悪い部分を全部削って取り去ると、何倍もの穴になることがよくあります。

ごく初期であれば、予防処置とブラッシングで虫歯の進行を食い止め、治すことができます。 
小さい子供さんに不安を与えないよう、できれば早期発見で怖い思いをせずに治してしまいたいですね。

幼稚園・保育園・小学校の集団検診では、ごく初期の虫歯が発見されないこともあります。
歯医者さんに慣れる意味でも、虫歯になる前から定期的・個人的に、歯科で検診を受けておくとよいでしょう。

乳歯の虫歯は、永久歯の質や状態に影響を与えます。
気をつけていても虫歯が進行してしまったら、乳歯だからといって軽視せず、きちんと治療を受けましょう。

当院では、歯医者を怖がらないよう、きらいにならないよう、信頼関係を築きながら治療を進めます。
少しでも治療が進んだら「頑張れたね!」という達成感を大切に、最後まで治療できるよう配慮しています。

保護者の皆様にもお願いがあります。
「歯を磨かないと、歯医者さんに歯を抜かれちゃうよ」と脅したりして、必要以上に歯医者が怖いものというイメージを植えつけず、 「虫歯になってしまったら、歯医者さんに治してもらおうね」と良いイメージを持てるよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

一生お付き合いしていく歯を良い状態に保てるよう、一緒に歩んでまいりましょう。



インプラント

虫歯・歯周病・外傷によって歯を失ってしまったら、入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの方法で抜けた部分を補います。

入れ歯やブリッジは、歯や歯茎の外側につける、歯の代理となる装置です。 
歯や歯茎に吸着したり引っ掛けたりして固定しているので、固いものを噛むとがたついたり、隙間に物が入ってよく噛めないことがあります。
ただ、短期間で作成でき、手術も必要ないので、手軽に歯の代わりとすることができます。

インプラントは、歯茎の中のあごの骨に、人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定します。 
しっかりと根を張っているので、がたつき・ぐらつきがなく、中に物が入ることもないので、天然の歯と同じようによく噛めて、見た目も元通り美しく保つことができます。

人工歯根を埋め込む手術が必要ですが、長くお付き合いすることを考えたら、インプラントの快適性は大きなメリットとなります。



予防歯科

虫歯は、早期発見するほど治療が簡単で、楽に済ませることができます。

ですが、やはり虫歯にならないのが一番ですし、治療が終わった歯は虫歯が再発しないように保つのが一番です。

予防歯科では、適切なブラッシングのアドバイスや、定期的な歯石除去で、虫歯や歯周病を防ぎます。

適切なブラッシングを知らずに、毎日ただ歯を磨くだけではもったいない。

同じく手間ひまをかけるなら、適切で効果的なブラッシングを覚え、毎日つみかさねてまいりましょう。



矯正歯科

歯並びや噛み合せが悪いと、さまざまな悪影響があります。

虫歯や歯周病になりやすい、言葉の発音がしにくい、食べ物を噛みにくい、顎関節に負担がかかりやすい、見た目が悪いなど、デメリットが多いのです。

歯並び・噛み合せを矯正すると、目に見えて口元が美しくなり、自信を持って話し、笑えるようになります。
食べ物も噛みやすく、美味しくいただけます。

歯並びや噛み合せが気になる場合は、一度ご相談ください。 まずはカウンセリングからはじめましょう。 
お口の中の状態を確認し、治療方法や期間など、一人ひとりに最適な治療プランを作ります。

治療方針に納得していただいてから治療を開始しますので、安心して、まずはお気軽にご相談ください。



審美歯科/ホワイトニング

口もとの美しさは、意外と印象に残るものです。

・歯を清潔にしていても、色が黄ばんでいるので気になってしまう。
・昔治療したところが銀歯で、目立って恥ずかしい。
・ヤニや茶渋で黒ずんで、清潔感がない

口もとのお悩みをさまざまな方法で美しく変えていくのが「審美歯科」です。

雑誌やテレビで見かける、不自然なほど白い歯は魅力的でしょうか? 
口もとはお顔の構成の一部です。

お顔全体のバランスを考慮し、自然な清潔感と美しさを出すのが「審美歯科」です。

審美歯科は、アートとサイエンスの結晶です。 美しさを叶えるためには高い技術も要求されます。 
美を追求するために生み出された技術を駆使し、美しい口もとを作り出す、それが審美歯科です。